配置薬営業マンの日常

2020年2月22日

お味噌を世界に向けて!

さる1月26日(日)オーガニックの味噌作りをしました

講師は私の友人 広島県で24年間ご夫妻でオーガニック事業を営んでいる里重る里さん

事業を始めた時から 広島県を中心に味噌作りを伝えてきました

そんな彼女の夢は

伝統ある発酵食品である味噌の愛好家を世界に発信したい

ということ

何よりもオーガニックの圃場が拡がることで 不要な化学物質を使わない畑が増え

生態系が守られ 地下水へとつながる

「へぇーそうなんだあー」と

私は味噌から環境にもつながる る里さんの熱い思いに共感し

また数十年振りに味噌作りができるワクワク感で当日を迎えました

もちろん世界に向けて発信するので

共通言語である英語を話して作ろうという彼女の希望から

私の長男も積極的にサポートしてくれ

いざスタート!

材料もいたって簡単 ”えっ これだけ?”の一言でした

煮大豆をつぶしたり 塩を混ぜ混ぜしているうちに

表現は不適切かも知れませんが

手から伝わる感触が あの懐かしい泥んこ遊びを彷彿とさせるようで

味噌団子をコロコロ丸~るく丸~るく 最高に楽しい気分

そんな中でる里さんの一言

”味噌の出来上がりは一年後 作っている今が大切

美味しくなあ~れと 思いを込めて作ると仕上がりバツグン”

とアドヴァイス

”Thank you!” “Good job!”など 片言英語も飛び交ったり

笑いながら出来上がったお味噌達

一年後に愛情たっぷりの味噌を食べた家族一人一人の健康を願い

無事にその日を終えました

興味を持たれた方 是非次回はご一緒にしませんか?