置き薬の歴史は、今から300年以上も昔、江戸時代に遡ります。当時、富山藩第二代藩主・前田正甫(まえだまさとし)公は、室町時代から伝わる「反魂丹(はんごんたん)」という胃腸薬を印籠に入れていつも持ち歩いていたそうです。
その正甫公が1690年に参勤交代で江戸城に召集されていた時、城内で三春藩(福島県)の藩主が突然激しい腹痛に見舞われました。正甫公はすかさず印籠から反魂丹を取り出し、その藩主に飲ませたところ、たちどころに回復したそうです。それを見ていた諸国の大名から「ぜひ我が藩にも反魂丹を広めて欲しい」と懇願され、正甫公の命により諸国への行商が始まったのが、置き薬の発祥と言われています。
置き薬はお客様に必要となりそうなお薬を一通り預けて、次回の訪問時にご利用いただいた薬のみの代金を頂くシステムです。この独特の販売方法の背景にあるのが、正甫公が説いた「用を先に利を後にせよ」という「先用後利」の精神です。この精神は今も置き薬の精神として受け継がれ、必要がなければ余計な負担はなく、いざという時には自分で治せる安心感を与えてくれます。

お身体の不調はいつ起こるかわかりません。

 

もしもの時に慌てず対処するためには、家庭にお薬を常備しておくことが必要です。 どんな薬を、どのくらい用意すれば良いのか、 専門家のアドバイスのもと、子供やお年寄りにも安心して飲める、 からだに優しい良薬を揃え、家族の健康を守りましょう。

 

そのための理想的なシステムが、配置薬です。

「からだの異変をちょっとでも感じたら、すぐに適切なケアをすること」これが三山薬品が提唱する新しい健康習慣です。そのためにはさまざまな症状に対応できる良薬を、いつでも飲めるよう準備しておくことが大切です。そのための理想的なシステムが配置薬です。

私たちの祖先がまだ文明を持たなかった頃、病気や怪我を自分で治すことは当たり前のことでした。その基本は自然治癒力という、人が本来持っている自然に回復しようとする力です。現代の私たちは、いつのまにかこの自然治癒力をあまり意識しなくなりましたが、その力はちゃんと私たちに備わっています。

 

和漢生薬などの伝統薬には、この自然治癒力を引き出し、健康を取り戻していく作用があります。調子が本格的に悪くなってから対処するのではなく、軽いうちに飲んだり、予防として飲むことで病気になる前に治したり、病気になりにくい身体をつくることができます。

 

身体の不調に早めに対処するためには、そのような良薬がいつでも使える状態にしておく必要があります。そのために最適なシステムが配置薬です。配置薬とは配置販売法の許可を得たお薬のアドバイザーが、セルフメディケーション(自己治療)に必要な薬がセットされた救急箱を無料でお預けし、次回訪問した時に使用した分のみ精算、お薬の補充も行う画期的なシステムです。さらに必要に応じて、アドバイザーにお薬の使い方や健康上の悩みを相談することもできます。

最近では国民医療費の増大という新たな財政上の問題が浮上していますが、その状況の中、軽い不調は自分で治すというセルフメディケーションの考えが徐々に広がっています。

現代の健康管理に、配置薬のシステムは地域医療の担い手としても注目されています。

よくあるこんな困りごと、どう備えますか?

  ■急な発熱や腹痛!いますぐ対処したいが薬がない!

  ■朝起きたら具合が悪い。しかも今日は病院がお休み!

  ■夜遅く、子供が発熱や腹痛で苦しみだした!

  ■具合が悪くて一人では動けず、薬の買い置きもない!

 

そんな時のために、色々な症状やケースに対応できるお薬のセットがあれば安心です。

 

しかしもしもの備えに自分で救急セットをつくった結果・・・・

  ■いざという時に必要な薬がなかった、切れていた

  ■使わないまま薬が期限切れになってしまった

  ■良くわからず自分や家族に合わないものを買ってしまった

 

こんなことになってしまったら、せっかくお金をかけてお薬を揃えても、とてももったいないことになってしまいます。

お身体の不調をどのようにケアすれば良いか、お薬の選び方や飲み方、食べ物や運動など、お薬や健康に関するお悩みや疑問に、専門知識を持ったセルフメディケーションアドバイザーがお答えします。

セルフメディケーション・アドバイザーとは

自分の健康を自分で考え、適切な対処をしていくことがセルフメディケーションですが、
身体のしくみは複雑で、体質も人それぞれなため、不適切な対処をしている方も少なくありません。
三山薬品では、みなさまのお身体の状態を見ながら、専門的な知識をわかりやすくお伝えし、
自分の身体を上手にケアする方法のご提案や、
病気ではないが健康とも言えない状態(未病)へのアドバイスを通じて、
真に健康となる喜びを提供いたします。

自分の健康を自分で考え、適切な対処をしていくことがセルフメディケーションですが、そのためには薬や身体についての正しい知識を学び、実際に自分の身体をケアする体験が必要です。それをサポートする専門家が、三山薬品のセルフメディケーションアドバイザーです。

身体の不安も心の不安も、全部お話しください。
私たちセルフメディケーションアドバイザーが最も大切にしているのは、お客さまがいま何にお困りなのか、どんな不安があるのかを詳しくお伺いし、しっかりと理解した上で適切な情報をお伝えすることです。
たくさんの患者様を診察しなければならない病院では、心の不安や近況まで話をすることはほとんどできないですが、私たちはお客さま一人ひとりに寄り添って、時間をかけてお話しを聞くことができます。お顔を見ながらじっくり話すことでしかわからないこと、気づけないことをお伝えすることは私たちセルフメディケーションアドバイザーの誇りであり、喜びです。
all-member

現在下記の地域へのお届けが可能です。

東京都23区・23市・1郡/埼玉県18市/神奈川県川崎市/千葉県7市
詳しくはお電話(三山薬品 03-3922-1506)または問い合わせフォームからお問い合せください。

セルフメディケーション(自己治療)の知識が豊富なアドバイザーが、あなたにあった
最適なセットをご提案します。救急セットの配置に料金は一切かかりません。

 

配置薬ご利用の流れ

 

1. 配置販売員が無料で医薬品をご家庭にお届けします。

2. 身近に置いて、必要なときにご使用ください。お薬の入れ替えまでご利用がなければ料金はかかりません。

3. アドバイザーがお薬の使用頻度に応じて定期的(1ヶ月~)に訪問し、ご使用になった分のお薬の代金をいただき、新しいお薬の補充、期限切れのお薬の無料交換を行います。訪問時にはご要望に応じてお薬や健康に関するアドバイスをご提供します。
※ご連絡いただければ、必要に応じて随時お伺いいたします。